It’s time for what?! 時間に従う?

*日本語は、英語の下にあります。

One day in mid-February, when everyone forgot about Christmas, I found bunch of small red leaves springing up on the top of my poinsettia plant that I bought in November, 2019. I first thought that it was dying because of the red colour. The next moment, I realized that my poinsettia finally decided to turn red. In February? I thought, “Hey you! Christmas is so over. I was a month and half ago?! You came so late!”

Right after Christmas day, at one of the houses that I pass on my walks, I began to notice this sad looking poinsettia being left outside of the front door. The first few days, I saw some red leaves still left on top of the plant. Within a week, the red was all gone. If I only saw it then, I would have not realized that it was a poinsettia plant. Most of the leaves fell within 10 days in the cold weather. Who would have believed that this plant pleased and brought a joy for the holiday season in a warm happy home? 

I used to believe that poinsettia was an annual plant that comes one year and dies. I never knew that my guess was wrong until I started to take care of my poinsettia. 

Because of its colour, poinsettia is known as a Christmas flower and people seem to like to buy them as one of the Christmas decorations. Yes, that’s exactly what I had been doing for decades. Back in 2019, I bought another one at a neighbouring grocery store. That year, I didn’t forget to water my poinsettia. This poinsettia kept its Christmas colour during and even after Christmas. I began to think, “Oh …. Poinsettia is just like other plant. If I water, they live.”  Silly me … 

One early spring day, I realized that my poinsettia started turning green. At this point, I was thinking that these green leaves will somehow turn into red ones as Christmas come. I wasn’t too concerned, then. October came, and the plant was still green. Then, I wondered how this poinsettia would know the arrival of Christmas. My room temperature does not change much since I have a heating system. I didn’t think the plant reads a calendar….like I obsessively do.  

I googled. “How does poinsettia turn red?” According to numerous pages, poinsettia needs to be in a completely dark space for several hours from September to November. That somehow makes the poinsettia produce its red leaf! I didn’t know. So, I covered the plant with a big-tall box from 4pm to 9am to see what happened. 

Christmas came, and my poinsettia was still very green. Nothing happened … I totally gave up. I mean, I still watered the plant and made sure not to kill my dear friend. I just thought the google was sharing some sort of conspiracy theory to get plants-lovers’ attention to have me involve with marketing strategies until one day in February…. (and you can go back to the beginning of this story!) 

In this post, I decided not to make a final point, yet I will leave you with some questions and curiosity.  You know, some movies do that, like do not really show the ending – it’s kind of up to you how the people in the story ended up being or doing – It could be annoying not to have conclusion, but it also opens conversations, movement of thoughts, and wondering, I believe.  

Anyway, now I know what some of the websites suggested to cover the poinsettia in September. From my experience (I only covered the plant almost at the end of October and got the result 3 months later), poinsettia takes about 3 months to prepare the red leaves, and they must be new leaves. The remaining leaves stays green. So, if you want to make this plant as part of your ‘Christmas decoration’, then September is the time to do so. Ah …. yeah. Humans trick the plants or control their life. What is created here?  

Perhaps, if this plants lived where it should grow, this plant grows with what the nature provides accordingly. I wonder if these plants are even supposed to turn red at Christmas time? I wonder where poinsettias are supposed to live and in what condition do they should grow? What do they want?

This kind of thought even took me further. Looking back the history of the land wherein I live, displacement of first people, over-hunting, replacing culture, imposing ways of doing, thinking, and knowing … 

April has come and my poinsettia still happily does what it wants to do. On my walk, I still pass the house. The house looks different with the spring flowers. I feel like the day that I saw the dying poinsettia outside is far away past. When I look at my poinsettia today blooming with Christmas Cacti, which also came “late”….. Well … late for what? Perhaps, plants may follow or live in different time. While I read a calendar, they feel the time. I often remember the cold wind blowing at the sad looking plant. I still water mine and enjoy the colour contrast just because.  

ある、2月の晴れた日、もうクリスマスのことなんて忘れていたある日のこと、ふとポインセチアを見ると小さな赤い葉が出ていることに気がついた。あれ?これって、もしかして・・・とうとう、枯れた?

1月の初旬、寒い日だった。散歩に出かけた先で、枯れかけたポインセチアがある家の前に放置されているのを見かけた。お水をあげたら生きられるのに・・・と、ふと思った。10日もしないうちにそのポインセチアは死んだ。

上の写真のポインセチアは、2019年の11月にクリスマス用のデコレーションとして買ったもの。この年に限り、こまめにポインセチアに水をあげていたら、クリスマスをすぎても赤い葉が生い茂っていたので、水をやり続けてみた。この時、初めて、「ポインセチアはデコレーションではない」と気がついた・・・お恥ずかしながら。それまでは、深く考えずに、単純にポインセチアは1年で終わりの花、と信じ込んでいた。人間の作ったマーケティング戦略にあやつられて。

春になるとそのポインセチアの葉っぱは深い緑に変わっていき、背丈も伸びていった。10月の半ばもすぎた頃、ふと思った。「この、ポインセチア、クリスマスがきたら赤くなるの?」って。でも、どう考えても、植物がカレンダーを見て、「あ、もうそろそろクリスマスがくるぞ、さて、支度するか・・・」なんてわけにはいかないのでは?と思い始めた。

そこで、インターネットで調べてみた。すると、ポインセチアのことについて、いろいろなことが書いてあった。多くのサイトの情報で共通していたのは、ポインセチアは、9月頃から光を夕方から次の日まで遮断すると何やら葉の色の組織に影響し、葉が緑から赤に変わる性質があるらしいことがわかった。そこで、色々なホームページに書いてあった通り、ポインセチアをすっぽり段ボール箱で夕方からその次の朝まで覆って光の遮断をしてみた。それが、10月の終わりのことだった。

でも、クリスマスになっても赤くはならなかった。「なーんだ、ならないじゃない。」と諦めてクリスマスはポインセチアを買わずに終わった。パンデミックもあり、クリスマスは静かに家で過ごしたことも理由の一つですがね。なんだか、買う気がしなかった。

で、2月のある日・・・・と、冒頭の話に戻るのです。赤くなったのは、枝の先にある新しく出てきた葉っぱ。冬に新芽が出るなんて、と驚きも束の間、新しい葉が大きくなるにつれて真っ赤に染まっていった。それは、本当に綺麗な赤色で私の目を楽しませてくれた。

ここで、ハッと気がついた。3ヶ月かかるんだ、と思った。で、思い出したことが一つあった。そう言えば、多くのホームページには「9月に」と書いてあった。そうだ、光を9月に遮断することによって色のつく時期をコントロールする目的があったんだ・・・・って。

秋から冬は、確かに太陽が出ている時間が短くなる。特に、私が住んでいる場所は冬は太陽が出ていない時間は長い。ポインセチアが一体どういう環境で育つのが一番いいのかは調べてないので知らないけれど、ポインセチアの性質をうまく利用した人間の知恵というかコントロールというか、なんだか少し胸が痛くなった気がした。この「時期をある一つの都合に合わせてコントロールする」という考え方に対して。私は、見えない「なにか」にコントロールされているのか、それともしてるのか・・・

この「一つのビジョンや価値の都合に合わせる」という考え方をもう少し違う角度から見ることにした。私が住んでいるこの土地では、歴史をたどるといろんなことが見えてくる。例えば、先住民たちが後からきた人々によって都合よく今までの住み家の移動を余儀なくされたり、伝統的儀式などを無理やり変更させられたり・・・自分の文化や言語でもないことを無理やりに取り入れさせられたりとか・・・

4月が始まった。今でも、私のポインセチアは赤いままクリスマスカクタスの横で咲いている。なぜか、クリスマスカクタスまで遅れてやってきた。遅れた!と思っているのは、カレンダーに忠実に従っている人間の私だけかもしれないんですがね。彼らは、きっと従うのではなく、時間を感じているはず。散歩から帰ったらこのクリスマスの花たちが私を出迎える。なんだか、おかえりと言われながらも、少し笑われている気もする。あの、悲しいポインセチアを見つけた家の外は春のお花たちでにぎわっていた、それを思い出しながら今日もポインセチアに水をあげた。