How do I listen to time? 時間と相談?

日本語は英語の後にありますよ💕

I hear this phrase,

“I don’t have time for it”

But, really … Do humans make time or time comes to them? When does time run out and how do humans determine the moment? Can I create a segment of time like that really? After all, what is time indeed?

Time flies! I think that many of you have heard this phrase. Yes, I agree. Time does fly especially when doing something fun, and yet time drags me when I work on things that touches my body and mind. In that case, time drugs me as if time uses its own power or force. Time can be poisons, at the same time, it offers a incredible encounter with others. Time is alive.

Last past few years, as I write and re-write many of term papers for my study, I have noticed something important about time as I treat time as a friend who offers me something important.

Yes, time is my companion – not a thing that I control.

The humans might be the only ones who try very hard to control time.

I enjoy photography especially when I go for a little stroll around my place early morning or late evening with cool breeze. I love the moment of tranquility that the particular time offers. I often wonder if I could capture “time” as an object in the photograph. Time, to me, is an unobjectionable element that exists with us as living in this world. Time is always there, but hard to catch. Time often acts like fluid that change their form accordingly. Time after all pass freely like the vast ocean.

During COVID-19 lockdown when time became something else

Throughout a year, I walk around my neighbourhood. I notice that the same flowers return according to their felt time. I began to think that the don’t bloom or spring because April comes. I think they make their own decision as they entangle with others such as the temperature, soil, wind, rain, the sun, and perhaps the energy that they received from the universe? Who knows how many entities are involved with this miracle moment that we recognize “time”. The moment never repeats in the same way. On the other hand, the humans somehow make things such as a calendar and listen to the linearity. For what?

When I was in school, June 1 was the ‘official day’ that we can wear half-sleeve shirts. According to the calendar, summer time begins, and that’s when the students were allowed to wear half-sleeve shirts. I hope the rule has been adjusted by now. One hot day in May, I almost felt like fainting while walking home from school wearing a thick warm winter school uniform. I was dehydrated from sweating too much. Why couldn’t I listen to the invitation of the warm spring breeze saying, “Why don’t you leave your long-sleeve top and be with us?” I only knew the rules are to follow, not to break. But really? If other entities on the earth listened to what earth time offers, then I should’ve listened to the beautiful Japanese warm late spring breeze as my body responded to it. Knowledge in my head was structured by the nonsense called rules, which ruled my body. Now, to what do you listen?

”そんな時間ないわよ” というフレーズ、よく聞く。

時間って本当にある、ないの問題なのか、それとも・・・?

今日も、時間について、深く考える。時間は、私たちのところへやってくるのか、それとも私たちがコントロールしている?それともしようとしているのだろうか・・・時間のことを考えると尽きない。時間ってなんなんだろう。また、深い湖の底にいるかのような感覚が体の中に走る。

光陰矢のごとし、という諺があるように、時間というのはあっという間に過ぎ去る。ただ、それはその状況にもよる。楽しいことをしていれば、時間はあっという間にすぎ、大変だと思うことをしているときは、なんとも苦痛に時間は流れる。この差は、なんなんだろう。偶然の一致?それとも・・・?時間は、私たちにそんなマイナスな面を見せてみたり、そうかと思えば思いもよらない出逢いを与えてくれるときもある。何か、目に見えない力がどこか目に見えないところで働いているのだろうか。時間は、生き物だ。

時間て、私にとっては仲間のような存在で、私がコントロールできるようなものではない、と思っている。

でも、もしかしたら、時間をコントロールしようと一生懸命になっているのは、人間だけなのかもしれない。

私は、歩きながら写真を撮るのが好き。キャノンを手にとり、朝露を見ながら涼しい風に吹かれ、カメラを構えて、時間を捉えようとする。しかし、私の思いを裏切り、時間は流動的に、まるで流れに逆らうからのようにその姿を隠す。時間よ、どこに身を潜めているの?それとも私がただ見えていないだけ?そうだね、海に泳ぐイルカが透明な海を走るその風を感じることができればいいのに・・・

オリオン座がいつの間にか地球の反対側へ姿を消したそんなある日。暖かい風を頬で感じ、雨の匂いが変わったそんな春の日、今年もまたダフディルがその存在をフルボディーで表現している。その姿を道端で見かけたとき、不意に思う。『誰に言われて出てきたの?』毎年、同じ時期に咲くものの、あの可憐な花たちは、スケジュール帳にいつ咲き始めるなんて書いてるのを見たことがない。咲くときが来るのを、知らさせるボスもいない。地球が与えてくれた、土、風、気温、雨、いろんなものと無言の相談をしながらその「時」がきたときに行動にでる。

そんな春の使者の姿をカメラのファインディングを通して見ながら思い出した。

あの日のことを。

私が、中学生の頃は、衣替えというものがあった。今も、あるのだろうか。6月1日になるまでは、夏の制服を着てはいけない、という校則。ある、暑い5月の末、20分の家までの道のりを歩く中、冬服を突き抜ける暑さに背中が悲鳴をあげる。流れる汗を吹くこともできない手がもどかしさを感じたそのとき、フラつく自分に気が付いた。私が従いたかったのは、校則ではなく、体の声や自然の空気の声なのではなかったんだろうか・・・

私の体は、大人になった今、何を聞きたがっているんだろう。